HOME » お悩み・症状別 » 毛穴の治療

お悩み・症状別

毛穴の治療

人の顔には10-20万個の毛穴があります。毛穴は、加齢によるたるみ、ストレスによる自律神経の乱れ、不規則な生活や睡眠不足、食生活の偏りなどが原因で目立つようになります。
日ごろから丁寧な洗顔やスキンケアを心がけていても、できてしまった毛穴の開きや黒ずみを解決するのはなかなか難しいものです。

毛穴とは

毛穴とは、皮膚が落ち込んでできた「くぼみ」です。
毛穴の奥には毛を作り出す毛根、皮脂を分泌する皮脂腺、汗を出すアポクリン汗腺があります。
毛穴は皮膚の表面を乾燥や化学物質の刺激から守るのと同時に、汗や皮脂と一緒に不要な老廃物を排出して、代謝を活発に行います。
もともとの毛穴の大きさは生まれつきであるとしても、「たるみ毛穴」など老化によってさらに毛穴が開いていくのは、予防をしていたかどうかで、かなりの違いがでてしまいます。
下の3種類の毛穴のトラブルに共通して見られる症状は、皮膚の乾燥です。日常から保湿を心がけたスキンケアを行いましょう。

毛穴のトラブル

黒ずみ毛穴

メラニンで黒く見える毛穴。鼻や頬に生じやすい。

たるみ毛穴

加齢により、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが存在する真皮の弾力が失われて、その周囲の皮膚が萎縮し、毛穴の落ち込みが目立つもの。

開き毛穴

ニキビ跡などが目立って開いた状態になったもの、毛穴に余分な皮脂がたまって開いた状態になったもの。

黒ずみ毛穴

黒く目立つ毛穴には、角質コントロールをお勧めします。角化して厚くなった角質を落とすお手入れが大切です。
乾燥により角質が厚くなり、毛穴の出口が角質でふさがれて詰まりやすくなっている方に効果的です。
毎日クレンジングをしっかりと行ってもらうこと、施術として効果的な方法は、レーザーフェイシャルケミカルピーリングによる余剰な角質の除去、イオン導入(ビタミンA・C、GGエッセンス)による皮膚の保湿があげられます。

黒ずみ毛穴になりやすい方

  • 化粧汚れをしっかり落とさない
  • 汗をかかず冷え性で代謝が悪い
  • 毛穴の汚れ詰まりを除去したあとスキンケアをしない
  • 肌が乾燥している

たるみ毛穴

たるみ毛穴は、コラーゲンが劣化して、毛穴を周りから支える力がなくなるために、ゆるんで広がっていく状態です。
トレチノインなどをスキンケアに取り入れることで、ある程度はコラーゲン維持が可能です。
施術として効果的な方法は、eCO2,エコツーフェイシャルIPL(ソラリ)治療などの熱による創傷治癒能力を引き出す治療で、真皮内のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の造成能力を高めたり、イオン導入(ビタミンA・C、GGエッセンス)による皮膚の保湿があげられます。この他、水光注射(マイクロボックス)による治療も有効的です。

たるみ毛穴になりやすい方

  • 毛穴が縦長の楕円形に広がり始めた
  • 肌のハリや弾力がない

ニキビ毛穴・開き毛穴

毛穴が開いてしまうのは、毛穴に過剰な皮脂がたまることが原因です。当然、皮脂の分泌が多い人は注意が必要ですが、一方で乾燥肌の人も、毛穴が開きやすくなります。特に30代以降になるとその傾向も強くなります。食事や肌の保湿などで毛穴が開きにくい習慣をつけることも大切です。
まずは、原因となるニキビができにくい生活習慣、スキンケアを心がけてください。
月経前などは女性ホルモンの関係でニキビができやすくなってきます。
施術として効果的な方法は、ケミカルピーリングによる余剰な角質の除去と皮脂のコントロール、イオン導入(ビタミンA・C、GGエッセンス)による皮膚の保湿があげられます。

ニキビ毛穴になりやすい方

  • 以前からニキビがよくできる
  • 最近ニキビ跡が目立つようになった
  • ニキビを自分でつぶしてしまう

エンビロンお申込フォーム

エンビロンメンバーズサイトログイン

注射・点滴BAR

医師・スタッフ・院内ご紹介

Q&A 体験談

Mメディカルスキンケアクリニック スタッフブログ

問診票ダウンロード

未成年者治療同意書

機能性化粧品

ダーマシャイン日本公式サイト

グラッシュビスタ

Aケア協会