HOME » お悩み・症状別 » シミ・くすみ

お悩み・症状別

シミ・くすみ

一言でシミといっても、いろいろな種類があります。

シミの種類

シミに似ているがしみではないもの

くすみ(お顔・体)

シミの治療にはいろいろな方法があり、シミの種類によって治療法が異なります。
正しく診断し、適切な治療を行わないと、効果が出なかったり、逆にシミが濃くなる場合があります。
当院では一人一人のシミの状態に合わせて適切な治療を組み合わせて行います。

1.老人性色素斑

いわゆる加齢による「シミ」で、境界のはっきりした褐色斑です。長年紫外線に当たり続けてきたために皮膚の角化細胞に異常をきたして生じます。
治療はQスイッチレーザーが有効です。日常生活に支障のない治療を希望される場合は、シミを徐々に薄く目立たなくしていくIPL(ソラリ)治療があります。また外用薬(トレチノイン・ハイドロキノン)による治療も可能です。

2.雀卵斑(ソバカス)

頬〜鼻にかけて小さな褐色斑が多数みられます。遺伝性があり、思春期頃から目立つようになり、成人以降も徐々に数が増え濃くなっていきます。
Qスイッチレーザーが有効ですが、広範囲に絆創膏を貼るのが困る場合などは、IPL(ソラリ)治療の良い適応です。

3.肝斑

30代以降の女性に多いシミで、頬やおでこ、鼻の下などに左右対称にみられ、比較的淡い褐色調で境界があまりはっきりしません。その分布から地図状のシミとも表現されます。
原因は紫外線、ホルモン、摩擦などの慢性的な刺激、遺伝的要因など多因子が考えられています。
肝斑の治療にはいわゆるシミ取りレーザーや強いIPL治療は適しません。それらはかえって肝斑を悪化させてしまうことがあります。
まずはじめに内服薬等による治療を2~3ヶ月行い、その後さらに改善を望まれる場合には肝斑用のレーザー治療(ルートロトーニング)等を併用します。

4.炎症後色素沈着

けがやニキビのあとが茶色いシミのようになるものが炎症後色素沈着です。多くのものは数か月で徐々に薄くなっていきますが、強い炎症や慢性炎症の後の色素沈着は自然には改善が難しくなります。ハイドロキノンなどの美白剤、ルートロトーニング(QスイッチYAGレーザー低出力照射)などが有効です。

5.扁平母斑、太田母斑、後天性真皮メラノサイトーシス(アザ)

これらは色や形がシミと良く似ていますが、シミよりメラニン色素が深いところにある、いわゆるアザです。Qスイッチレーザーを複数回照射することで薄くなります。ただし扁平母斑の中には再発するものがあります。
(これらのアザ治療はQスイッチルビーレーザーのみ保険適応となります)

6.色素性母斑(ほくろ)

ほくろを取るには皮膚のやや深いところまでしっかり取る必要があります。
保険適応となります。

7.脂漏性角化症(老人性いぼ)

老人性色素斑と似ていますが、表面がざらついていたり盛り上がったりしています。大小さまざまで、色調も淡いものから黒褐色のものまであります。からだにもよく見られます。凍結療法や電気焼灼で治療することが多いですが、部位によってはQスイッチレーザー治療を行います。

8.くすみ

若さと美しさのバロメーターでもある白く透明な健康素肌。
肌に透明感のない状態を肌のくすみと言いますが、くすみの原因は様々で、紫外線ダメージによる光老化や生理的加齢からくる表皮真皮の代謝の衰え、血液やリンパの流れの低下、化粧をきちんと落とさないことによる汚れくすみ、乾燥が原因である乾燥くすみに加えて、不規則な食事や生活習慣などことが原因となって角質層が厚くなり、メラニンが滞ることで肌の透明感がなくなっていきます。
そこで、透明感のある素肌へと導くためにケミカルピーリングレーザーフェイシャルで、古い角質を除去し新陳代謝を促したり、IPL(ソラリ)で表皮内のメラニン色素を破壊することで透明感のある素肌へと導きます。更に、トリートメントでお肌に必要なビタミンや薬剤,各種栄養素を補給する事が有効です。

エンビロンお申込フォーム

エンビロンメンバーズサイトログイン

注射・点滴BAR

医師・スタッフ・院内ご紹介

Q&A 体験談

Mメディカルスキンケアクリニック スタッフブログ

問診票ダウンロード

未成年者治療同意書

機能性化粧品

ダーマシャイン日本公式サイト

グラッシュビスタ

Aケア協会