HOME » お悩み・症状別 » ワキガ治療

お悩み・症状別

ワキガ治療

当院でのワキガ・多汗症治療は、患者様ひとりひとりのお悩みを真剣に受け止め、丁寧かつ真摯に治療に取り組みます。ニオイのメカニズムをしっかりと捉え、患者様のご要望に合わせた最適の治療方法をご提供いたします。

ワキには

1.アポクリン汗腺(乳白色の粘り気のある液体を出す)
2.エクリン汗腺(99%水分を出す)
3.皮脂腺(脂肪酸を出す)

といった3つの腺がありそれぞれ分泌物を出します。
もともと分泌物自体には、臭いがありません。しかし、ワキの下に存在する細菌が、これらを分解することによって化学的変化をおこした結果、臭いを発生させます。

多汗症とは

気温が高いときや、運動後、発汗が生じるのは体温の上昇を抑える生理的反応として当然のことですが交感神経の過剰な働きにより発汗が促進されます。ワキの下の場合、エクリン汗腺が発達していること、汗の量が多いことに因果関係があると言われています。汗の量が人と比べて多いかどうかを判断することは、難しいことです。ただ、ワキの多汗症で悩んでいる方以外にも、手のひらや足、顔面から汗がたくさん出て悩んでいる方もいらっしゃいます。ワキの場合は、手術により汗腺を取り除くことができる場所です。

ワキガ・多汗症の治療方法

ボツリヌストキシン注射

手術にどうしても抵抗がある方には、ボツリヌストキシン注射で汗を抑えることができます。 汗腺を除去する治療ではないのですが、ボツリヌストキシン注射により、「汗をだせ」という神経系の命令を伝える経路を弱くすることができます。その後、汗が減少し、臭いも抑制されることにつながります。 近年、1年に1〜2回のペースで治療を受けられる患者さんが増えてきました。 夏のわきの汗じみ予防にもとても効果的です。

ボツリヌストキシンとは

ボツリヌス菌から抽出した無害なたんぱく質の成分です。 神経伝達物質の働きを弱める作用があり、余分な表情筋(目尻・眉間・額など)の収縮を抑えたり、ワキの汗の量を減らすことを目的に使用されます。 治療効果は、注入後、1週間前後で感じられ、約6ヵ月程持続します。

エンビロンお申込フォーム

エンビロンメンバーズサイトログイン

注射・点滴BAR

医師・スタッフ・院内ご紹介

Q&A 体験談

Mメディカルスキンケアクリニック スタッフブログ

問診票ダウンロード

未成年者治療同意書

機能性化粧品

ダーマシャイン日本公式サイト

グラッシュビスタ

Aケア協会