HOME » 治療内容 » eCO2

治療内容

eCO2(エコツー)

eCO2の料金

eCO2(エコツー)とは炭酸ガスフラクショナルレーザーで、皮膚に微細な穴をあけ、古い皮膚を蒸散させて新しい皮膚に入れ替えます。皮膚に微細な損傷を与えると、傷周囲の皮膚の再生力が高まり、真皮のコラーゲンの収縮と産生促進をもたらします。新しい皮膚に入れ替わることでくすみがとれ、コラーゲン再生効果で肌の凹凸や毛穴の開きが改善し、引き締め効果も得られます。フラクショナル照射(レーザービームをまばらに照射)で正常な皮膚を残すことにより、治りが早いため、副作用やダウンタイムを最小限に抑えながら効果を上げることができます。 他の炭酸ガス以外のフラクショナルレーザーと比べて、1回の治療で他のレーザー数回分の治療と同等の効果が期待できます。

このレーザー治療はある程度の痛みを伴いますので、麻酔クリームを使用します。
レーザー照射部位は赤くなり、3〜4日赤みが残ります。その後一旦ガサガサになり、それが取れるとつるんとした肌に戻ります。ダウンタイムは約1週間です。
このレーザー治療は通常は定期的に繰り返して行うものではありますが、従来のレーザーと比べて改善効果が高く、小じわ、肌のハリ、毛穴の開き、ニキビ痕の凹凸、傷痕などに効果的です。

治療の流れ

  1. 洗顔後麻酔クリームを塗布し1時間程度待ちます。
  2. レーザー照射は5~10分程度です。
  3. レーザー照射後はしっかりと冷却し、お薬を塗って終了です。
  4. レーザー照射部位は赤くなり、照射パワーにもよりますが、部分的に点状出血がみられることがあります。治療後数時間は軽いヒリヒリ感があります。
  5. 治療翌日よりメイク可能です。レーザー照射による傷は1日程度で治ってきますが、そのため肌表面に細かいかさぶたができ、肌がザラザラしてきます。
  6. 1週間程度でザラザラがとれ、肌がつるんとなります。

治療間隔・回数

  • 1回の治療でコラーゲンが少しずつゆっくりと作られますので、間隔をあけて複数回の治療が必要です。
  • 1クールは2ヶ月に1回の照射で、3回治療が目安です。

治療の注意点

  • 治療当日は帽子や日傘などで紫外線を防いでください。洗顔はぬるま湯で軽く流す程度にしてください。
  • 翌日からはメイク、洗顔は可能ですが、肌を擦らないよう注意してください。また日焼け止め、帽子、日傘などで紫外線を防いでください。

治療例

エンビロンお申込フォーム

エンビロンメンバーズサイトログイン

注射・点滴BAR

医師・スタッフ・院内ご紹介

Q&A 体験談

Mメディカルスキンケアクリニック スタッフブログ

問診票ダウンロード

未成年者治療同意書

機能性化粧品

ダーマシャイン日本公式サイト

グラッシュビスタ

Aケア協会