HOME » 治療内容 » ボツリヌストキシン注入

治療内容

ボツリヌストキシン注入

表情ジワの改善・治療に

表情筋の動きが一番の原因であるしわには、おなじみになってきたボツリヌストキシン注入です。
神経伝達物質アセチルコリンの分泌を防ぎ、しわを作る筋肉の動きを調節することで表情筋によるしわを作らないようにします。
代表的なのは、眉間のたてじわ、おでこのしわ、カラスのあしあととよばれる目尻のしわ、あごのでこぼこした凹凸などです。
そのような部位は同時に皮下組織の委縮も伴うことも少なくないため、場合によってはヒアルロン酸の注入を追加することもあります。

以下の方は治療ができませんのでご注意ください。

  • 神経、筋疾患をお持ちの方
  • ボツリヌス菌が原因と思われる食中毒の既往がある方
  • 妊娠中、授乳中の方

注入部位表情ジワができる場所が適応となります。

  • 額の横ジワ
  • 眉間の縦ジワ
  • 目じりのシワ
  • あごのうめぼし状シワ

ワキガ・ワキ多汗症治療

手術にどうしても抵抗がある方には、ボツリヌストキシン注射で汗を抑えることができます。
汗腺を除去する治療ではないのですが、ボツリヌストキシン注射により、「汗をだせ」という神経系の命令を伝える経路を弱くすることができます。その後、汗が減少し、臭いも抑制されることにつながります。近年、1年に1回~2回のペースで治療を受けられる患者さんが増えてきました。
夏のわきの汗じみ予防にもとても効果的です。

小顔・輪郭形成

ボツリヌストキシンによる小顔形成

大きな顔には太っていて肉づきが良かったり、骨格が太いなどの遺伝的な事が原因だったりもしますが、食べ物を咬む時に使う筋肉(咬筋・こうきん)が発達しすぎてエラが張り、顔が大きく見えてしまう事もあります。
この場合に、咬筋にボツリヌストキシンを注入し動きを抑制させ、筋肉が縮むことでフェイスラインがシャープになり小顔に見せられます。
ボツリヌストキシンの持続期間は半年程ですが、3ヶ月ごとに2〜3回注入して頂くと筋肉の動きが弱まる為、小顔効果が長く持続する事がありますので、継続的に注入する方が小顔効果がより高く感じられます。

エンビロンお申込フォーム

エンビロンメンバーズサイトログイン

注射・点滴BAR

医師・スタッフ・院内ご紹介

Q&A 体験談

Mメディカルスキンケアクリニック スタッフブログ

問診票ダウンロード

未成年者治療同意書

機能性化粧品

ダーマシャイン日本公式サイト

グラッシュビスタ

Aケア協会